借金問題を解決する手段

相談

債務整理は国が用意した借金解決の手段で、4つの方法が存在し、これらを法的な手続きをすることで経済的な更正を図ります。それぞれに長所や短所があるため、手続きを開始する場合は個人の判断で決めるのではなく、専門家と相談して状況にあったものを選択することが大切です。

詳しく見る

不当利息返還請求手続き

ジャッジガベル

過払い金請求の債務整理は、弁護士におまかせするのが一番です。ネット上で、過払い金の計算は簡単にできますが、どういった法的根拠で請求するのか、業者によっては応じてくれないこともあります。そこは、債務整理に強い弁護士に依頼することで、満額近い金額で請求できることもあります。

詳しく見る

借金問題を解決するには

男性

債務整理は借金の返済が困難になった場合などに行う法的な救済制度ですが、債務整理といってもいくつかの種類がありベストなものを選ぶことが大事です。このため債務整理をするのであれば専門家に相談することが大事です。

詳しく見る

請求しないと取り戻せない

相談

個人でも行うことができる過払い金の債務整理、手続きが面倒だから後回しにしているとその内時効が迫ってきてしまい取り戻せたものも取り戻せなくなってしまいます。自分で行うのが面倒なら債務整理に強い弁護士に依頼をすることです。

詳しく見る

借金の減額や帳消し

法律書

債務整理と聞くと自己破産をイメージしてしまう人が多いのですが、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4種類の方法があります。どの手続きをとるかによって減額される割合が異なりますが、メリットとデメリットもあります。

詳しく見る

過払い金の無料調査

虫眼鏡

書類が無くても調査可能

法律事務所の中には、債務整理の中でも過払い金請求を無料で相談、無料調査を実施しているところがあります。着手金まで無料です。なぜ、過払い金請求の債務整理を無料で行うことができるのか、その理由は取り戻した過払い金の中から成功報酬等の弁護士費用を相殺させる形になりますので、実質手元の財布から出ていくお金はゼロで手続きをすることができます。特に貸金業者と利息制限法の上限金利を超えた金利で取引を5年〜10年以上していた方は、取り戻せる可能性が高く100万円以上戻ってくる人までいるのです。しかし、過去に消費者金融と取引していたが、当時使っていたキャッシングカードは解約した時に破棄、契約書もいらないので破棄してしまった、何も消費者金融と取引していた証拠がないという方でも過払い金の無料診断をしてもらうことができます。なぜ、書類が何もなくても調べてもらうことができるのか、借りていた会社名さえ分かれば調べてもらえる理由には、消費者金融は顧客との取引に関するデータは保存されています。本人または法律事務所から問い合わせがあったときに、本人確認が取れれば履歴を簡単に請求できます。法律事務所に債務整理を依頼すれば、弁護士が取引履歴の請求から過払い金の計算まで行ってくれます。法律事務所によっては、実際に取引履歴を取り寄せて計算をした結果過払い金が発生していなくても調査料金等はかからないところもありますので、過払い金の債務整理を検討しているなら無料のところを選ぶことです。