借金問題を解決するには

男性

事前に準備しておくもの

借金の返済が難しくなったり、または実質的に出来ないような状態になった場合には法的な救済制度である債務整理を行うのがベストな選択です。債務整理といってもいくつかの種類があり、また実際にどの手段で行うのかは素人にはわかりにくいもので、債務整理をするのであれば事前に専門家に相談してアドバイスを受ける方がスムーズに事が運びます。債務整理の相談をするにもお金がかかります。初回相談料無料というところも多いですが、最初の時にしっかりと専門家に情報を提供できなければ次回に繰り越されて有料になる可能性がありますから、初回相談では必要な情報を用意した上で行うことがベストです。用意すべき書類としては、第一には身分を証明する書類です。これは法的な整理を開始する場合には間違いがあると無効になるためです。運転免許証などの身分証明証のほか住民票などがあれば良いでしょう。次に債務整理の内容を決めるのに必要なのが借金関係の書類と収入関係の書類です。借金に関してはすべての借金が対象で借り入れている業者や現在の借金の残高をある程度計算しておく必要があります。また借入をしていなくても利用している業者も含める必要があります。収入関係としては給与明細や源泉徴収票があれば良いですが、なければ生活に使っている預金通帳などで実際のお金の流れが把握できるものであれば問題ありません。また財産といえるものに関してもまとめておくことが大事です。これらの書類を持っていけば専門家は借金と収入のバランスから適切な債務整理の方法を提案してくれます。