借金問題を解決する手段

相談

4つの方法から選ぶ

借金が膨らみすぎて返済が行き詰まった時でも、法的な手続きによって借金解決ができる方法を国は用意しています。消費者金融や銀行などからお金を借りることがあっても、手に負えなくなるとどうすれば良いかわからない、「自己破産するしかない」と考える人も少なくありません。古い映画に自己破産をテーマにしたものがあったため、借金問題を解決する手段がそれしかないと考えてしまう人が多いのです。国が用意した法的な手続きには自己破産・個人再生・特定調停・任意整理の4つがあり、これらを含めて債務整理と呼びます。たとえば自己破産は裁判所から免責を受けることで、全ての債務に対して支払う義務から免れることができます。ただし、官報に名前が載るほか、信用情報に金融事故として記されるため、一定の期間まで分割払いなどの方法がとれなくなります。個人再生や任意整理などは債務の全てを帳消しにするのではなく、借金の圧縮や利息をなくして元本の返済だけにするなど、それぞれの特徴をもっています。債務は法律上で借金を返す義務のことを指し、債務者は返済をする人のことになります。つまり、債務整理とは借金を整理するという意味で、4つの方法から状況に合ったものを選び、債務者の負担を軽減することで経済的な更正を図る手続きとなります。債務整理に使われる手段はそれぞれ長所や短所があるので、借金が帳消しになるからと安易に自己破産を選ぶのではなく、専門家と相談して自分にあったものを選択することが大切です。